|そんなわけで一年ぶりのベルリンです。

そんなわけで一年ぶりのベルリンです。
到着は当初今月開港予定だった東西ベルリン統一のブランデンブルグ空港を期待していたんですが(航空券予約の段階ではブランデンブルグ)、結局間に合わなかったのかいつものちっちゃな西ベルリンのテーゲル空港でした

天気は曇り空。
今日のイヴェントに一抹の不安。
(まぁ不安的中だったのですが・・・)
さてとりあえずでベルリン名物カリー・ヴルストを食ったら、バスで中心地へ。

用賀コーポラスに住みたいな〜って感じている。

(でもテーゲルのカリー・ヴルストはそんなでもない)

とりあえずポツダム・プラッツのいつも泊まる場所に荷物を放り込むと、近くのベルリン・フィルの本拠地フィルハーモニーのショップで物色したあと(今日のコンサートはここじゃない)、列車で町外れへ。
以前ジダンの頭突きで有名なドイツW杯の決勝で訪れたオリンピック・シュタディオンのそばの野外音楽堂に出向く。
スリバチ状の半円の客席を前に大きなテントを張ったステージである。
野外音楽堂と言っても日比谷の野音よりも全然大きくキャパ2万くらいだそうで、客席は急勾配。
それがブロックごとに区分けされている。